行けるときに行っておいてよかった。私たちの海外山旅はすべて自主企画、気心の合った山仲間夫婦限定のグループ。トレッキング&観光を兼ねた豪華版である。ワラスで高地順応~ペルーアンデスブランカ山群ハイライトトレッキング~クスコ~マチュピチュ~イグアス大瀑布~その他アルゼンチンタンゴ発祥の地カミニートなど15日間。一人暮らしになってフィルム画像をデジ化し想い出は尽きない。そのいくつか・・
 
チョピカルキ 6354m ガイドは何回か登頂したとのこと

b0236595_08041308.jpg
 ブランカ山群

b0236595_08003802.jpg

コノコーチャ峠 4000m


b0236595_08010766.jpg

クスコ夜景

b0236595_08020633.jpg
 
マチュピチュ


b0236595_08034664.jpg

イグアスの滝 悪魔の喉笛


b0236595_07571756.jpg


# by shb3539 | 2018-01-19 08:19 | Comments(8)

冬の愛知池

 どうしたことか今年の愛知池は冬の水鳥が激減している。お目当てのミコアイサ(パンダがも
2016.2月参照)は何回訪れても一向に姿を見せない。定住を期待したシラサギコロニー(2016.11月参照)もどこかへ集団移動してしまった。ホシハジロも随分数を減らしている。
 目立つのは四季を通じて住み着いているマガモ、ますます勢力拡大の川鵜など。水鳥からは冬の季節感がうかがえない。探鳥ウオークも気が入らない。それでもリハビリを兼ねて続けることにしよう。
 冬の愛知池表情の一コマ

b0236595_13120426.jpg



b0236595_13104570.jpg

b0236595_13283462.jpg

b0236595_13090781.jpg

b0236595_13312275.jpg




# by shb3539 | 2018-01-11 13:33 | Comments(6)

2018ブログ事始め

 心身健康で過ごしたい。頭の体操シルバー川柳・写真ブログでボケ封じ。

 シルバー川柳 その35

 170 初詣で ナンバーワンと ポチ叫ぶ
 
今年は戌年。愛犬の発声にあやかりたいものだ。「どうせ」のセリフは禁句にしてどんな道どんなに
小さな分野でもいい、NO1を目指して精一杯努力しよう。重ねた苦労には金に代えられない褒美がある。

 171 冬陽ざし 落葉の下に 宿をとり

すっかり葉を落としたクヌギの根元。柔らかな日差しが枯葉を暖め越冬昆虫には格好な住処。
そっとしておこう。

 愛知池の初日 今年は好天に恵まれた


b0236595_20103283.jpg

  波紋の行方


b0236595_20090860.jpg

# by shb3539 | 2018-01-04 06:32 | Comments(4)

年賀

b0236595_02354698.jpg

                       希望    愛知牧場 

 
   明けましておめでとうございます 
   皆様のご多幸を心よりお祈り申し上げます
   
   1918年 元旦

   年を重ねただけで人は老いない。理想を失なう時に初めて老いがくる。
   希望ある限り若く 失望と共に老い朽ちる。
                      サミュエル・ウルマン ~青春より~

   「 鐘の音 ひと・場所・時で 意思告げる 」
  
 除夜の鐘、教会の鐘、恋人岬の鐘、山小屋の鐘・・・そして牧場の鐘
 希望・祈願・誓い・合図など各々その人、その場所、その時の事情で特別な響きをもって
 意思を伝える。  私の鐘:誠実

 本年もどうぞよろしくお願いいたします。
  
  shb3539   http://shb3539.exblog.jp/ フォトサロン
 
 チョットお誘い
 フォトNISSIN写真展
 日時 1月17日(水)~2月4日(日)
     1月22,23日、29,30日 休館
 会場 日進 浅田 愛知トヨタツインカム・ギャラリー
                  shb3539


                

# by shb3539 | 2017-12-31 22:51 | Comments(7)

シルバー川柳 その34

 今年もあと僅か。様々な出来事を残して去ろうとしている。この一年ばかりでなく
過ぎ去った人生も振り返る頃になってきた。今年締めくくりの川柳は自戒も含めて教訓的な
ものになった。 よい年をお迎えください。

165 断捨離は アルバム棚で 行き詰まり

 整理とは「いるものといらないものを区別していらないものは捨てる」と
されているが、この定義による人員整理はいただけない。身辺整理をしていて
アルバム棚で手が止まる。アルバムは他人から見れば全くの不要物であるが当人には想い出一杯。中身を精査選別してみても捨てるに忍びない。思案に暮れる。
断捨離はもっと深い意味があるのかしら。

166 冬夜空 オリオン星座が 語りかけ

 終戦後、夜学に通っていた青春時代。焼け野原になった都心でいつ来るともわからない市電
を待ってオリオン星座と対話していた頃が懐かしい。寒さは一向苦にならなかった。

167 スマホでは ふしくれ指で 四苦八苦

 老人のふしくれ太指ではミスタッチばかりいらいらする。流行を追うのではなく何のためのスマホか
目的ー手段を考えれば携帯で充分。余分な機能は私にとって親切の押し売り。

168 苦労には 達成感の 贈りもの

169 意気地なし 苦労が苦痛に すり替わり

 苦労には本人しか味わえない達成感という歓びがある。登山・スポーツなど然り。ところが
苦労が苦痛にすり替わると逃げの姿勢マイナスの知恵しか湧いてこない。誰かなんとかしてくれ
と他人依存。苦労には「ヤッター!」という達成感、苦痛には「ヤレヤレ」の安ど感。この違いを
噛みしめるべき。

# by shb3539 | 2017-12-16 10:15 | Comments(4)

ネイチャーフォトに的をしぼりました