初冬北海道 その2

 摩周湖周辺
 北斗7星 空気が澄んで星が近くに見える。北斗7星写真で見えるかな?
b0236595_1652011.jpg

 夜明け前の摩周湖
b0236595_1684082.jpg

 摩周岳燃ゆ
b0236595_1694662.jpg

 摩周湖日の出
b0236595_16112595.jpg

 天高く
b0236595_16134218.jpg

 天空への一本道
b0236595_16164025.jpg

 こんな景観に出会うとまた行きたくなるのが北海道だ。でも気象条件が大きく左右する。
お天道様に晴れマ-クを念じながら・・。
by shb3539 | 2013-11-24 16:27 | 北海道 | Comments(2)

 北海道は四季を通じて内地では見ることができない雄大な自然景観を
提供してくれる。 道東の初冬景観です。
 帰港 知床
b0236595_459273.jpg

 夕日
b0236595_501617.jpg
 
b0236595_514073.jpg

 夕焼け
b0236595_535039.jpg

 いざり灯
b0236595_562622.jpg

  峠道
b0236595_5103082.jpg

 摩周湖 夕景
b0236595_5142693.jpg

b0236595_5152830.jpg

by shb3539 | 2013-11-23 05:15 | 北海道 | Comments(2)

去りゆく秋 美瑛その2

 3泊4日の旅は4日目の帰り際にようやく太陽の日差しに出会えた。それでも1月に訪れた
白一色とは一味違った風景を楽しむことができた。そのいくつか・・・
 白髭の滝
この白髭の滝は温泉ガスのためか岩肌が茶色に変色している。厳冬期にはブログ「以前の記事2月」
のように氷瀑・氷柱に変身する。
b0236595_10304356.jpg

 白樺2題
唐松林を背景に白樺肌がきわだって美しい
b0236595_10403648.jpg
 
b0236595_10423964.jpg

 唐松林の道
 落葉寸前の唐松道は静かに秋の風情を閉じようとしている。新緑の芽吹きの頃にも訪れたいところだ
b0236595_104942.jpg

 唐松落葉の絨毯
役終えて敷き詰めた唐松の葉は地面を優しく包み冬の厳しさを保護するように思われる
b0236595_10541829.jpg

 大雪山系遠望
帰り際にようやく晴れ間にであった。空港近くからの大雪山系遠望である
b0236595_10564291.jpg


 北海道へは日程・費用の面からチョット出かけてくるというわけに行かない。今回は日の出
夕焼けは全くチャンスがなかった。それでも四季を通じて美しい景観に接すればまた訪れてみたくなる。
行けるときに行っておかないと・・・そんな気持ちの旅行でした。四国の一人歩きお遍路は写真にはまっている間一時中断。
by shb3539 | 2012-11-17 11:07 | 北海道 | Comments(3)

去りゆく秋美瑛 その1

先週北海道美瑛へ撮影旅行に出かけた。3泊4日で連日小雨、曇天、名古屋は連日晴れマ-クk気象情報が恨めしい。お天道様には晴れマ-クの祈りが通じなかった。それでも与えられた制約条件の中で雨には雨の風情があり晩秋の美瑛・富良野の景観を味わった。

 幻想への誘い
 白金温泉の近くに「青い池」がある。シ-ズンオフの静まりかえった池はかえって小雨風情の方が似合って幻想的な趣を出している。
b0236595_20574832.jpg

 カラ松林
曇天のカラ松は晴天に輝く美しさに引けをとらぬしっとりとした落ち着いた容姿で迎えてくれた。それこそ近いうちに葉がすべて落ちてしまうであろう。
b0236595_214429.jpg

b0236595_1833558.jpg

b0236595_2152524.jpg

 麦畑
 緑の絨毯は麦畑。このまま雪の下で越年、来年収穫するそうだ。広大な畑、北海道ならではの景色である。
b0236595_219725.jpg

 パッチワ-ク
色や形の異なるつぎあてがパッチワ-クを連想させる。晩秋のカラ松もうまく点景として解け合っている。
b0236595_21174952.jpg

 道
畑を仕切る道も風景景観を演出している
b0236595_2123158.jpg

by shb3539 | 2012-11-13 21:26 | 北海道 | Comments(1)

 冬の富良野は清らかな白一色の雪で雑物はすべて覆い尽くされ、その広大雪原に立つ木立には気品すら感じられる。

 クリスマス ツリ-
 雪原に立つ孤高の木はクリスマスツリ-の木と地元では名付けている。残雪が木の葉に若干付着し、丁度雲間から一筋の光線がその美しさを飾ってくれた。

b0236595_1522529.jpg


 哲学の木
 本来の姿はやや斜めに立っており、首を傾げて物事を考えているように見えることから地元では哲学の木と
呼ばれている。写真では若干気になるので、正常な形に角度補正した。
b0236595_1526257.jpg


 夕暮れのマイルドセブンの丘
 冬の夕暮れマイルドセブンの丘ななんとも物静か寂しさを感じる
b0236595_15301985.jpg
b0236595_15312520.jpg

 
 氷柱群
白金温泉に白ひげの滝がある。冬は見事な氷柱群としての景観を見せてくれる。
b0236595_15371483.jpg

b0236595_1538419.jpg

b0236595_15392488.jpg


 
by shb3539 | 2012-02-07 15:41 | 北海道 | Comments(0)

1月」下旬3泊4日で美瑛・富良野に出かけた。旭川気温-20度など聞いて理解はしていても、現地で肌に感じる寒さは行った当人にしかわからない。めまぐるしく変わる気象条件に極寒の厳しさを味わった。

 自然は四季折々に姿を変えて出迎えてくれる。広大な雪原の美しさに魅了された。プロの写真家が富士山麓や富良野に移り住み写真を撮り続ける気持ちもうなずける。期待していたダイアモンドダストは気象条件が
合わず撮影できなかった。プロ写真家との違いは、スキル・感性もあるが、「たまたま」と「そもそも」のシャッタ-チャンスが大きな要因ともいえよう。 その何枚かをご紹介しよう。美瑛・富良野の冬景色が共有できれば幸いである。

デジカメも最初に手にした頃は川柳にある「デジカメの餌は何だと孫に聞き」程度のスキルであったが場数を踏んで作品展の出展品も独力でできるようになるとますますデジカメにはまり込んでいく。

五稜丘からの朝景その1

b0236595_10303587.jpg
 

朝景その2
b0236595_1042971.jpg


その3
b0236595_10431375.jpg


その4
b0236595_10463835.jpg


美瑛冬景色
b0236595_1049346.jpg


マイルドセブンの丘
b0236595_10504413.jpg


カラマツ林の影絵
b0236595_10523741.jpg

by shb3539 | 2012-01-31 10:54 | 北海道 | Comments(2)

ネイチャーフォトに的をしぼりました