シルバー川柳 その35

 前回の山旅回想アンデスには多くのアクセスレポート(訪問件数 455件)もあり驚き感謝、ありがとうございます。投稿継続の励みになります。

170 対座して 想い出交わす 墓参り
桜、紅葉の時期などは墓参り5分、写真1時間だったのが冬枯れのこの時期五色園は墓参りに専念。
静まりかえった霊園で寒風を共有しながら苦楽を共にした想い出を交わす幸せな時間。時間はたっぷりある。

171 無人レジ 操作分らず 悲鳴あげ
最近はスーパーにも無人レジが出現。年寄りは操作に戸惑い後ろに並ばれるとパニック状態。時代の流れか老人には困ったものだ

172 解決は とりあえずして 先延ばし
「とりあえず」は便利なセリフだ双方にあまり傷つけなく応急処置をしてしまう。問題解決の再発防止を叫びながら原因追及されるのが恐ろしいのか、根本対策は先延ばし忘れ去るのを期待する浅ましさ。

173 環境は 人の意志まで 左右する
今後の事も考えて老人ホームあちこち見学する。至れり尽くせりのサービスにとかく自立精神が安易
方向に傾きかける。マイホームにも愛着がありもうひと踏ん張り自立生活を自助努力しよう。

174 ウオークで ペースダウンに 老いを知り
 次々に追い抜かれこんなはずではないのにと思いながらも歩が進まない。年寄りのウオークは
ゆっくりペースで競争することなく背筋をピンと伸ばして歩けばいいのだ。


by shb3539 | 2018-01-26 16:48 | シルバー川柳 | Comments(2)

シルバー川柳 その34

 今年もあと僅か。様々な出来事を残して去ろうとしている。この一年ばかりでなく
過ぎ去った人生も振り返る頃になってきた。今年締めくくりの川柳は自戒も含めて教訓的な
ものになった。 よい年をお迎えください。

165 断捨離は アルバム棚で 行き詰まり

 整理とは「いるものといらないものを区別していらないものは捨てる」と
されているが、この定義による人員整理はいただけない。身辺整理をしていて
アルバム棚で手が止まる。アルバムは他人から見れば全くの不要物であるが当人には想い出一杯。中身を精査選別してみても捨てるに忍びない。思案に暮れる。
断捨離はもっと深い意味があるのかしら。

166 冬夜空 オリオン星座が 語りかけ

 終戦後、夜学に通っていた青春時代。焼け野原になった都心でいつ来るともわからない市電
を待ってオリオン星座と対話していた頃が懐かしい。寒さは一向苦にならなかった。

167 スマホでは ふしくれ指で 四苦八苦

 老人のふしくれ太指ではミスタッチばかりいらいらする。流行を追うのではなく何のためのスマホか
目的ー手段を考えれば携帯で充分。余分な機能は私にとって親切の押し売り。

168 苦労には 達成感の 贈りもの

169 意気地なし 苦労が苦痛に すり替わり

 苦労には本人しか味わえない達成感という歓びがある。登山・スポーツなど然り。ところが
苦労が苦痛にすり替わると逃げの姿勢マイナスの知恵しか湧いてこない。誰かなんとかしてくれ
と他人依存。苦労には「ヤッター!」という達成感、苦痛には「ヤレヤレ」の安ど感。この違いを
噛みしめるべき。

by shb3539 | 2017-12-16 10:15 | シルバー川柳 | Comments(4)

シルバー川柳 その20

 早いもので今年もあと僅か。時の流れが早いか・遅いかはその充実度によって感じ方が変わる。
川柳投稿はほぼ一年ぶり、私はどちらかというと日常生活のグチ・ボヤキを川柳で笑い飛ばしてきたような気がする。今年は市民展に入賞したり写真にはまった一年のようだ。

 94 鬱癒えて ボヤキ川柳 湧いてこず
 ネイチャーフォトにはまり一人暮らしの寂しさから解放され悔やみ・グチ・ボヤキが少なくなったのは幸い。

 95 夕支度 「ま・いいか」が 多くなり
 家内がいたころ「今晩何にする?」の問いかけが今になって懐かしく思い出される。一人暮らしになって「ま・いいか」のセリフがやたらに多くなりスーパーの出来合いおかずで妥協する。然し身だしなみは「ま・いいか」は禁物と自戒。

当初は 値下げ品 あたり気遣い 手を伸ばす
 ↓
               
96 買い物も 特価探しが いたにつき
 身についた教養?ミエが邪魔をして周囲を気遣い特価品に手を伸ばすのを躊躇していた時があったが今は堂々おおぴら。年金生活者はこれでいいのだ。

 97 ロケ夢中 膝の痛みは 何処えやら
 膝の痛みに苦慮している。軟骨が相当すり減っているとのこと。それでも写真撮影に夢中になっているときは痛みを感じないから不思議。「病は気から」とはこのことか。何事も夢中になって打ち込んでいると苦から解放される。教訓として自覚しよう。
by shb3539 | 2015-12-09 07:12 | シルバー川柳 | Comments(6)

シルバー川柳 その19

 ひつじ年。羊年の性格を調べてみたら・人情味がある温かみを感じさせる人、・芯が強く負けず嫌いのがんばり屋、・押しが弱く消極的・・・云々。自分の行動を振り返り部分的には思い当たる節もあるかな。
 90 羊年 叱るしぐさは メーツ!ばかり
 親指立てて声高く「メーツ!」と叫んでも反応なし。逆に笑われ「それってなーに」いやはやこれでは躾も容易でない。

 91 羊年 家内が猪では 勝ち目なし
 夫婦喧嘩ではいつもやり込められてばかり。勝ち負けを干支のせいにするな!。その妻はもういない。

 92 風邪熱を 恋の想いと 誤解され
 インフルエンザの高熱にうなされているのに、彼女にそんなに熱を上げるなよ冷やかされ。

羊の年男、今年の運勢を明日初詣でのお神籤で確かめてみよう。

 93 お神籤は 果報は寝て待て 見当たらず
 お神籤は吉にしろ末吉にしろ異口同音に「努力すれば道は開ける、報われる・・」と。この言葉は
親から、上司から何回も耳にしているが馬耳東風。しかし神のご神託となると言葉は重い。何も努力せず待ちの姿勢では幸せはやってこない。
by shb3539 | 2015-01-02 20:29 | シルバー川柳 | Comments(4)

シルバ-川柳 その14

 シルバ-川柳もそろそろネタ切れと思うが結構出てくるものだ。
 目新しいものでないが・・
 
 65 写真ボケ 頭のボケが 乗り移り

 カメラの機能は高度進化してきているが、シャッタ-を押すのはシルバ-だ。高度なカメラを
使いこなせないならシルバ-はバカチョンカメラに切り替えようか?

 66 寿命歴 商品短く 人長く

 商品の寿命(ライフサイクル)はバ-ジョンアップ、新製品開発で短くなる。それにひきかえ
人の寿命は長くなり、シルバ-は新製品の取扱い書についていけない。長寿社会になれば後期
高齢者と一括りするよりも後期、終期、末期高齢者と層別したほうが対応しやすいのでは?。

 67 達成度 できない理由が すじ通る

 目標・方針発表は声高々に勢い良いが、目標未達になるとこの有様。弁は立つ筆は立つ優秀
な人ほど理路整然とこの傾向が強い。自己防衛の何物でもない。

 68 黄砂流 白嶺(シラネ)汚して 走り去る

 この時期黄砂が朝日輝く白銀の山稜を濁った山容に変えてしまう。カメラマンにはがっかり。
おまけにPM2.5という厄介者も連れてくる、困ったものだ。

 69 雪かむり 紅の彩り 春を待つ

 先だっての大雪で庭の山茶花、南天、千両がすっぽり雪をかぶり白と赤対比の美しさが一段
と映える。
by shb3539 | 2014-02-28 13:59 | シルバー川柳 | Comments(2)

シルバ-川柳 その13

 シルバ-川柳もその10位まで続けばと思っていたが気が付けばその13を数える。
「継続は力なり」中断すると再開が億劫になる。ブログ投稿も然り。
 60 かけ声も どっこいしょに 「アー」がつく
 加齢が進んでくると動作ごとのかけ声「どっこいしょ」が「アーどっこいしょ」に変わってくる。
体力の劣えがこんなところにも現れてくるものだ。

 61 初詣で 誓いと感謝を 繰り返し

 毎年初詣でに昨年の感謝と今年の誓い(抱負・目標)を宣言するが達成率は?%。達成できないのは計画の立て方がまずかったのか計画通り実行しなかったのか?おっしゃることはわかりますが・・元日は特別の日。

 62 記者会見 再発防止は 他人ごと

 政治家ばかりでないが不祥事謝罪の記者会見で必ずで出てくる言葉「再発防止に・・・」ところが
原因追及されると「記憶にございません」「秘書が・・・」大学教授までが記憶にないと・・あなたの頭を疑いたくなる。

 63 置いたはず もらったはずで 日が暮れる

 探し物ほど生産性のない行動はない、いらいらだけが残る。情けないやら腹が立つやら時間を返せと叫んでも過ぎ去った時間はむなしく帰ってこない。

 64 何事も 自助努力こそ 日の目見る

 いろいろな成功例を見聞するが教育指導も大切であるが最後は本人の意思による自助努力に尽きる
体験ー反省が何よりの教育と云えよう。
by shb3539 | 2014-02-03 11:25 | シルバー川柳 | Comments(0)

シルバ-川柳 その12

 正月明け おめでとうの言葉も出尽くした。冬にふさわしい写真と
思っても最近は閉じこもりそこでシルバ-川柳 その12

 55 カゴの中 特価ばかりを 買いあさり
  景気回復、高価商品の売行き好調など目にするが年金生活シルバ-は蚊帳の外.当面収入は増えず物価が上がる。経済成長も所得の2極化・格差社会にならねばよいが・・

 56 シルバ-の 海外旅行は 夢の中
  テレビの海外紀行番組は以前訪れた国々の記憶を呼び起こす。結構頭に残っているものだ。これで十分。

 57 ブログでは コメント欄が 主役なり
  ブログ投稿の訴求力は見る相手が決定権を持っている。どのように受け止め
 共感を得られたかの反応コメントが主役と云ってもよいであろう。

 58 免許取り 200メ-トル 歩けない
  自家用車の免許を取得するとわずか200m位が歩けない。「車で行こうよ・・」これでは足腰弱くなるはず。小生も日課としていた愛知池一周も最近は隔日となってしまった。

 59 婚活は つかず離れず 老いの恋
  シルバ-婚活は波長の合った異性との巡り会い、趣味その他の共通項で楽しく語り合う雰囲気だけで十分幸せ。経済的・身体的負担を求めあうと精神的に重荷になる。
by shb3539 | 2014-01-06 15:08 | シルバー川柳 | Comments(2)

シルバ-川柳 その11

今年初めて我流であるが川柳をはじめた。読み直してみると実生活の切実さを
題材にしているのが多い。もう少し目を外に向けてみよう。 shb3539 吟

50 新幹線 喋りすぎだと 睨み付け
 月曜朝、東京上り新幹線の車内はシーンと静まり返っている。会議資料に目を通す人、レポート作成に集中、日経の情報収集、スケジュール表をチェック、仮眠・・まさにサラリーマン生活の縮図、現役時代を想い出す。そこにおばさん連中が乗り込んできて席をとり大声で談笑・高笑い。周囲の乗客が一斉に睨み付け鋭い視線の集中砲火。途端におばさん達は襟・姿勢を正して
無言の行。楽しいはずの旅行がこれでは・・。お喋りコ-ナ-でもあるといいな。旅行するときはこの時間帯は避けたほうがいいですよ。

51 ローカルは 方言飛び交い 旅楽し
バスツア-などは便利・効率的であるが、シルバ-は時間を気にせず鈍行列車でゆっくり
のんびり地方方言・原風景を味わう旅もまたよし。

52 ピンポンが 聞こえず また不在票
チャイム音が聞こえず、ポストの中に又もや不在配達票。各業者に事情を説明して
電話連絡をお願いしてあるが効き目がない。このイライラはどう解消すればいいの?

再配手順もシルバ-にはわかりにくい。


53 問合せ 音声ガイダンスに 逆ギレし
 インタ-ネットの問合せ、自動音声ガイダンスは実に冷たい。「音声に従って・・」
一方通行の無情な案内に手順が分らず、途中でサジを投げ出してしまうことがしばしば。

54 LPの ジャケットのみで 曲を聴く
 当事者でないと分らないかもしれないが、難聴で最高級補聴器でも音楽番組は音程が
ズレ思うように聴けない。然し、LPジャケットを眺めていると昔聴いた曲が蘇ってくるから不思議。
そのくらいsp・LP時代はレコ-ド音楽に熱中したものだ。

by shb3539 | 2013-12-18 17:28 | シルバー川柳 | Comments(4)

シルバ-川柳 その10

川柳は課題を与えられて作るのはあまり気が進まない。
自由に感じたままを吟じていこう。
シルバ-川柳 その10  shb3539 吟

45 食事後に 錠剤並べて 思案顔
 これ血圧、これ糖尿、これ精神安定、これ・・投薬のなんと多いことよ。
どの順番に呑めばいいの?薬漬けに先が思いやられる。

46 難聴で 聞き上手になり 褒められる
 
耳が遠くなると、身を乗り出し視線を合わせてうなずき、あいずち傾聴
する。当人は必要に迫られての行動であるが、この姿勢が相手に好感をもたれる
のか真剣に聞いてくれたと感謝の言葉。

47 耳遠く 「うなずきさん」と あだ名つけ
 
 聞き返すのをためらい、どうしてもうなずき、あいずち行動が多くなる。
 そこでまたの名を「うなずきおじさん」と人は云う。

48 長電話 妻の後ろに 箒立て
 
一般に女性はおしゃべり好き時間を気にしない。携帯が普及して解消
 されたが、かっては家庭電話を独占されイライラしたものだった。

49 紅葉は トンネル抜けて 雪化粧
 
トンネルを抜けると紅葉の様子が一変、此方紅葉、彼方雪景色の変化に
 驚き、山一つでこんなに気温、気象条件が違うのか。
 

by shb3539 | 2013-12-01 19:34 | シルバー川柳 | Comments(4)

シルバ-川柳 その9

 シルバ-川柳をやり始めたころは次々句が浮かんできたが、最近はぺ-スが遅くなった。
「継続は力なり」ともいうがのんびり気づいたことをしたためていこう。途切れることなく・・

 40 晴れ着見て 視線するどく 嫉妬心
 街なかで見かけた風景・・きれいな晴れ着姿のご婦人とすれ違った女性。柔和な眼差しが一瞬
上から下へジロリ、品定めのきびしい視線に変わる。私の思い違いならごめんなさい。

 41 息子とは 「やあ、おう、じゃあな」で 事が済み
 私もそうであるが男は女性に比べて一般に口数が少ない。偶に会う息子との会話もこんなやり取り。
よそ様ではいかがなものでしょうか?。

42 夕焼けは ビルの谷間で 垣間見え
 都心では高層ビル、マンションが立ち並び、童謡に出てきた夕焼け空は遠い遠い昔。わずかにビルの隙間から季節を感じる。

 43 お接待 見返り求めて お節介
 四国一人歩き遍路で道に迷い困惑していた時、心からのおもてなし、丁寧な道案内に手を合わせた。
一方旅行会社のバス遍路ツア-に参加した某寺で、お接待の後で大広間に連れていかれ掛け軸その他遍路用品のセ-ルスにうんざり。見返りを求めるサ-ビスはお接待でなくお節介。

 44 ボランティア 労働対価は ありがとう
 災害などの自主的ボランティア活動のご褒美は「お陰様で・・ありがとう」の贈り物。決して金銭的な報酬でない。お互い感謝・ねぎらいの絆が動機づけにつながる。
by shb3539 | 2013-11-19 16:27 | シルバー川柳 | Comments(0)

ネイチャーフォトに的をしぼりました