冬期探鳥 愛知池

1/25日寒風の中もしかしてと愛知池を一周した。
 ミコアイサ やっと巡り会えた。「ミコアイサ 探しあぐねて ヤットカメ(80日目)」近くに寄ってくれない。肉眼でかろうじて識別できる程度。300m望遠でこれが限界。迷い鳥か単独行動なのか付近に仲間はいない。
b0236595_1532283.jpg

b0236595_15344617.jpg

 ジョウビダキの雌 ウグイスと思っていましたがAさんよりウグイスでなくジョウビダキの雌と指摘ありました。ありがとうございます。小鳥の見分けは難しい。まぎらわしいのは名札を付けておけといいたい。
b0236595_1537397.jpg

 カルガモ
b0236595_15392624.jpg

 マガモ
b0236595_15401146.jpg

 キンクロハジロとホシハジロ
b0236595_1548423.jpg

 鵜のコロニー 白いのは雪ではない 鵜の糞
b0236595_15492593.jpg

 冬日を浴びて アオサギも仲間入り
 
b0236595_160389.jpg

by shb3539 | 2016-01-26 15:52 | 愛知池 | Comments(5)

穏やかな3が日 愛知池

冬の厳しさを忘れさせるような3が日。愛知池堤防は初日遥拝、走りぞめ、初撮りなどの賑わいをみせた。
 1/1初日の出 日の出は何回見ても心が洗われる。雲一つない晴天は雲でもあれば朝焼けが・・
        と勝手な願いが頭をよぎる
b0236595_16555592.jpg

 美化センター 年末は大忙し大変でしたねー ゆっくりお休み
b0236595_16581139.jpg

 ホシハジロ 今冬はホシハジロのみが目立つ
b0236595_1702289.jpg

b0236595_171574.jpg
 
by shb3539 | 2016-01-03 17:02 | 愛知池 | Comments(2)

年賀

 明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。
 道を究める格言に守・破・離の言葉があるがこの語源は千利休が宮大工の棟梁に贈った和歌による
と伝えられている。「規矩(定規・コンパス)作法 守りつくして 破るとも 離るるとても 基を
忘るな」 定石を完全にマスターして脱皮し、最後は自分の世界を創り上げるにしても基本を忘れてはいけないよ・・と歯止めをかけている。八十路半ばになったが初心に帰り基本を再認識する年と
肝に銘じよう。 はたしてうまくいくかな?
b0236595_2054199.jpg

by shb3539 | 2016-01-01 00:05 | 愛知池 | Comments(5)

冬散策 愛知池

 ミコアイサを探し求めて幾度も愛知池に出向くも無しのつぶて。キンクロハジロまで住処を変えたのか姿を見せない。ホシハジロとカルガモ・オオバン主体の水辺は閑散としている。こんな時の探鳥ウオークは足が重い。それでも飛べない草木は季節に合わせて変身し見るものを楽しましてくれる。
 年末を控えて美化センターは大忙しフル稼働
b0236595_1681654.jpg

 鴨(カルガモ?オオバン?)のお出まし
b0236595_16104557.jpg

 役を終えたススキ
b0236595_16152432.jpg

 北風を受けて 清楚な舞 カメラをやりだすとこんなショットにも目が届く
b0236595_16175863.jpg

 冬日
b0236595_16185777.jpg

b0236595_16185276.jpg

 恐らく今回が今年の最終投稿でしょう。変わり映えの無い写真をご覧くださり
お礼申し上げます。おかげさまで今日現在レポート(累積訪問者件数)は14,350
を示しています。よい新年をお迎えください。
by shb3539 | 2015-12-24 16:22 | 愛知池 | Comments(7)

水辺の鳥 愛知池

 今年は冬鳥の来訪が少ない、気候のせいか?お目当てのミコアイサ(パンダの目を連想させる可愛いカモ)まだ見当たらない。探鳥写真は図鑑のようになってしまうが現在の愛知池でみる水鳥。
 カンムリカイツブリ
b0236595_13504771.jpg

 オオバン
b0236595_13513215.jpg

 チュウサギ?
b0236595_13522941.jpg

 キンクロハジロ
b0236595_13533274.jpg

 ホシハジロ ハジロは警戒心が強いのか岸辺に近づいてくれない。
b0236595_13544391.jpg

 カモ群泳 手前キンクロハジロ 奥ホシハジロ
b0236595_135940100.jpg

 ヘリもお付き合い
b0236595_1405529.jpg

 このほかよく知られているコガモ、ヒドリガモ、アオサギ、カルガモ、マガモなど・・
集団で遊泳している姿は双眼鏡で観察しているといろいろな表情を見せてくれ時間の経つのを忘れてしまう。
by shb3539 | 2015-12-13 14:07 | 愛知池 | Comments(4)

日輪?

 11/21の日の出。今まで何回も日の出を見てきたが今回は日の出に合わせて突如光環が現れた。
初めてみる光景に感歎。日輪と云うのかしら。1月には太陽柱にもお目にかかった。早起きウオークはしてみるものだ。
 日輪? 思わず手お合わせたくなる。吉兆ならいいが・・安易な神頼みのあまえは禁物。
b0236595_17431232.jpg

 朝焼け空
b0236595_17445020.jpg

 束の間の秋 すぐに干上がってしまうわずかの水だまりに秋を演出する。
b0236595_17464828.jpg

 日輪に出会って何かいいことが・・・ 然し平凡な一日。これでいいのだ。
by shb3539 | 2015-11-21 17:49 | 愛知池 | Comments(3)

レガッタ訓練

 冬水鳥探索にと愛知池に出かけたがお目当てのキンクロハジロ、ミコアイサはまだ飛来していない。レガッタ練習に出会った。
 航跡 突然教官ボートの急発進 航跡波紋が美しい
b0236595_1154956.jpg

b0236595_943223.jpg

 出艇準備
b0236595_116455.jpg

b0236595_1173388.jpg

 コーチング
b0236595_1183653.jpg

b0236595_1192997.jpg

 練習努力が競技会での成果に結び付きますように・・
by shb3539 | 2015-11-19 11:16 | 愛知池 | Comments(4)

晩秋愛知池 その2

 朝焼けを期待したが不発。その代り木星、火星、金星(明けの明星)、上弦の月が一直線の揃い踏みに出会えた。火星は金星のそばで赤く輝いているが拡大しないと見えない。
b0236595_8523790.jpg

 上から順に木星、火星、金星
b0236595_8544834.jpg

 神秘的な様相 光線の加減で一瞬山奥の湖を連想させる風景 ここ愛知池?
b0236595_8593849.jpg

 秋の深まり
b0236595_914923.jpg

b0236595_92564.jpg

b0236595_935270.jpg

by shb3539 | 2015-11-11 09:07 | 愛知池 | Comments(4)

晩秋愛知池

 紅葉は平地にもやってきた。数少ない紅葉をめでながら愛知池を散策していると普段なら
見過ごしている風情に新たな発見があるものだ出会いが嬉しくなる。
b0236595_15173126.jpg

b0236595_1535824.jpg

b0236595_1518313.jpg

b0236595_1519914.jpg

 冬鳥の楽園
b0236595_1521858.jpg

b0236595_15214819.jpg

 今のところ鴨はヒドリガモ、ホシハジロなどであるが今冬はミコアイサに
お目にかかりたい。果たして飛来してきてくれるだろうか。待ち遠しい。
by shb3539 | 2015-11-10 15:26 | 愛知池 | Comments(4)

朝焼けは夕焼けと違い残照がなく最適瞬間が短い。11月1日レガッタ大会の朝、日の出までの
経時変化を捉えた。
 6時03分 愛知池の表情
b0236595_601990.jpg

 6時08分 この辺りから急速に赤みを帯びてきた。
b0236595_64434.jpg

 6時12分 朝焼け最高潮 池全面が真っ赤に染まる。ウオークマンもしばし足と止めてみいる。
       この状態は僅か2~3分。 
b0236595_664583.jpg

 6時25分 陽が昇るにつれて朝焼けは薄らぐ。選手はボート調整に余念がない。
b0236595_69427.jpg

 6時55分 爽やかな朝の風情。秋空にススキが似合う。
b0236595_6111949.jpg

 いつもこのような朝焼けが見られるというわけにはいかない。毎日通うことか。寒くなって来ると
サボりがち。冬鳥たちも大挙して移住してきた。日中の探鳥ウオークにきりかえよう。
by shb3539 | 2015-11-03 16:25 | 愛知池 | Comments(4)

ネイチャーフォトに的をしぼりました