遠き山に日は落ちて・・

 10月20日第28回長浜きもの大園遊会にカメラサ-クルの撮影ロケに参加した。なにしろ1000名からの
着飾った娘さんが町を練り歩くのですから目の保養にはなりました。多くのカメラマンが盛んにシャッタ-を切っているが私は苦手。もっぱら観察専門。夕方琵琶湖の夕景に出会ってほっとした。

 遠き山に日は落ちて
琵琶湖の夕景は初めてです。雲の出現を期待していたが静かに落陽
b0236595_10403856.jpg

 落日
湖面の紅が一段と濃く鮮やかになった.水鳥たちもねぐらに帰る準備をしているようだ。

b0236595_10413517.jpg
 
 残照
日が落ちて約20分後、新たな紅が湖面を照らす。夕焼け雲があると光芒など見られるとか
念じても雲の出現は通じなかった。
b0236595_10423397.jpg

 夜のとばり
b0236595_10431541.jpg
 
 
 着飾った娘さんのスナップより私はネイチャ-フォトの方が向いていることを実感した1日でした。 
 
by shb3539 | 2012-10-22 10:37 | 風景写真 | Comments(3)

紅葉志賀高原

 私は車の運転ができないので、写真撮影は主に終日自由行動の連泊ツア-を利用している。
紅葉のタイミング・天候など予約申込時点では予測もつかないが、今回の志賀高原3泊4日ツア-は
好天に恵まれ紅葉を満喫した。1日フリ-のバス乗車券(1,000円)はバス時刻を有効に活用すれば
志賀高原全エリアを移動することができ徳用である。
 若い時にトレッキングした足跡を思い出しながら、ゆっくりのんびりコ-スタイムを気にしないで紅葉ハイキングを楽しんできた。秋の志賀高原の風景を共有いただければ幸いです。

 大沼池
神秘的な輝きエメラルドグリ-ンの大沼池は紅葉と相まって一段と美しさを演出している。
b0236595_5581328.jpg

 四十八池
高山植物は花のシ-ズンを終え、池畔は紅一色に容姿を変えやがて訪れる冬に静まりかえっている。
b0236595_62548.jpg

 渋峠
日の出時刻には多くのカメラマンが集う。白根山から芳ケ平に広がる広大な風景はいつ見ても素晴らしい。遠くには富士も望めるところ。

b0236595_645378.jpg

 天高く
澄み切った秋空に変化の速い雲の広がりが高原の情緒を一層引き立てている。渋峠にて
b0236595_672587.jpg

 紅葉の映り込み
数多くの池で紅葉の映り込みを鑑賞したが一沼がベスト。夕日に輝く映り込みがきれい。
b0236595_615556.jpg

 一沼の朝景
朝食前に一番のバスで一沼に出かけた。朝の映り込みもまた格別。
b0236595_6202020.jpg

 全山紅葉
大沼池に向かう途中。新緑から紅葉の移り変わり、しばし時間を忘れて見惚れていた
b0236595_6253766.jpg

 孤高のオブジェ
風雪に耐え見事な容姿に変身した朽木に威厳すら感じる。感銘を受けた。東館山山頂付近にて。
b0236595_6321152.jpg

by shb3539 | 2012-10-18 06:35 | 山・自然 | Comments(7)

キジ表敬訪問

 キジの生態を調べたら、4~7月にかけて子育ては雌だけが行う。非繁殖期は雌雄別々に行動し、
夜間は樹の上で寝ると記してあった。
 突然キジの鳴声がしたので気づかれないようにベランダに出てみた。道路を隔てた向かい側の
フェンスの上でキジが呼びかけている。ひょっとすると5月恋の季節に愛の賛歌を歌っていたキジ
かもしれない。親近感が湧いてきた。
 キジの訴え
 「最近は寝つかれなくて・・ ねぐら探しに苦労するよ」 宅地造成でねぐらとしていた樹木がすべて
伐採され落ち着かないようだ。
b0236595_742944.jpg

 ねぐら探し
周囲を見渡しどこか安住できる場所はないものか。愛知池あたりに引っ越したほうがいいのかもしれないな
b0236595_783330.jpg

 ストレッチ準備体操して さて出かけるか
 愛知池方面に飛び去って行った。
b0236595_711191.jpg

b0236595_7124965.jpg

 わずか5分くらいの片思いの対話であったが、キジの思いを受け止めた感じがする。
どんな環境の変化にも自ら対応しなくちゃ・・・野生動物は強い。それにしても間近に見た
キジの美しさには改めて感動した!。次の再会を楽しみに。
by shb3539 | 2012-10-02 07:21 | アオサギ | Comments(5)

ネイチャーフォトに的をしぼりました