梅雨期の愛知池

 愛知池友の会の方々が四季折々に花を植栽してくれ散策路を楽しましてくれる。
そのいくつか・・雨上がりを選んでみた。 雨にぬれた紫陽花は美しさを増す。
 紫陽花
 年々株が増えてきて見応えがある
b0236595_4522327.jpg

 雫を伴って紫陽花がきれい
b0236595_455252.jpg

 水玉の連鎖
b0236595_4564096.jpg

 コスモスの葉に囲まれて
b0236595_458255.jpg

 ホタルフクロ
b0236595_51509.jpg

 開花準備
b0236595_5421.jpg

 愛知池の紫陽花
b0236595_56395.jpg

by shb3539 | 2013-06-25 05:10 | 愛知池 | Comments(4)

 新緑探訪に奥志賀方面に出かけた。高山植物の開花には時期が早く
訪れる人も少ない。野鳥のさえずり、新緑風景を一人占めさわやかな高原を
満喫した。
 そろそろ出番
 高山植物は水芭蕉が見納めの時期、足下見つめればコバイケイソウが、そろそろ
出番と顔をのぞかせている。他の高山植物はまだ睡眠中。
b0236595_8301870.jpg

 白樺林
 新緑の白樺林は美しい。野鳥のさえずりが盛ん。
b0236595_8371514.jpg

b0236595_8381054.jpg

 3本のブナ
 見事な3本ブナに出会った。恐らく地下では同根で結ばれているのではないか?
3本の矢ではないが、3本の支え・絆は強い。100年後の姿が想像できる。
b0236595_8431424.jpg

 競い合って伸びる
b0236595_8442762.jpg

 オ-ルグリ-ン
西館山から
b0236595_8462671.jpg

 光に映える新緑
b0236595_16154480.jpg

 奥志賀に向かうバス車窓からは素晴らしい風景を目にることができる。撮影ポイント
を見つけても路線バスでは致し方ない。時期をみて写真仲間と再び訪れよう。
by shb3539 | 2013-06-17 08:53 | 山・自然 | Comments(8)

 梅雨の晴れ間、晴天に恵まれ白根、渋峠方面にハイキング。
白根山の山容は変わらないが、登山道は一変、駐車場も広く整備され
湯釜までの登山道は完全舗装。バスが到着する度にアリの行列。
これも時代の流れかベストシ-ズンは大変な混雑であろう。
 足腰にあまり負担をかけない程度のハイキングを楽しんだ。
 白根山
 丁度いい雲が現れ白根山全体を飾る
b0236595_10172591.jpg

 湯釜
 火口はは美しいというより不気味な色合い
b0236595_10193815.jpg

 北アルプス遠望
 遙か雪を頂く山稜は若い頃登った唐松、鹿島槍、五竜などが懐かしい。
b0236595_10223653.jpg

 残雪
 渋峠付近では残り少ない残雪もやがて消え失せるであろう。
b0236595_10251551.jpg

 芽吹き
麓では唐松などすっかり新緑に姿を変えているが頂上付近では芽吹きも観られる
b0236595_10283054.jpg

 最後の山桜
 こんな所で終わりを告げる山桜に会うとは
b0236595_1031781.jpg


 次回は奥志賀高原方面の新緑を・・・
by shb3539 | 2013-06-14 10:35 | 山・自然 | Comments(1)

 紅葉の志賀高原もいいが、新緑もまた格別の情景をもたらしてくれる。
現地自由行動の3泊4日のツア-に参加した。自分の意志で好きなところを
探訪でき、運転のできない私にはこのようなツア-をよく利用する。
新緑の志賀高原、そのいくつかをご紹介、高山植物の開花はまだであるが
若葉の風景がお気に召せば幸い。
 一沼のレンゲツツジ
 葛城山のツツジはタイミングが合わなかったが、志賀高原はレンゲツツジ
が今が見頃、晴天より梅雨空のほうが似合う、霞かかった沼に彩る。
b0236595_1404728.jpg

b0236595_1411243.jpg

b0236595_1454123.jpg

 レンゲツツジ
 自生の植物は気候に合わせて生き生きしている。
b0236595_1474930.jpg

b0236595_1482324.jpg

b0236595_1485144.jpg

 初日は天候が悪く山に登っても視界がきかず、池めぐりが正解。次回は晴天に
恵まれた白根山方面を投稿します。
by shb3539 | 2013-06-11 19:08 | 山・自然 | Comments(5)

ネイチャーフォトに的をしぼりました