シルバ-川柳 その11

今年初めて我流であるが川柳をはじめた。読み直してみると実生活の切実さを
題材にしているのが多い。もう少し目を外に向けてみよう。 shb3539 吟

50 新幹線 喋りすぎだと 睨み付け
 月曜朝、東京上り新幹線の車内はシーンと静まり返っている。会議資料に目を通す人、レポート作成に集中、日経の情報収集、スケジュール表をチェック、仮眠・・まさにサラリーマン生活の縮図、現役時代を想い出す。そこにおばさん連中が乗り込んできて席をとり大声で談笑・高笑い。周囲の乗客が一斉に睨み付け鋭い視線の集中砲火。途端におばさん達は襟・姿勢を正して
無言の行。楽しいはずの旅行がこれでは・・。お喋りコ-ナ-でもあるといいな。旅行するときはこの時間帯は避けたほうがいいですよ。

51 ローカルは 方言飛び交い 旅楽し
バスツア-などは便利・効率的であるが、シルバ-は時間を気にせず鈍行列車でゆっくり
のんびり地方方言・原風景を味わう旅もまたよし。

52 ピンポンが 聞こえず また不在票
チャイム音が聞こえず、ポストの中に又もや不在配達票。各業者に事情を説明して
電話連絡をお願いしてあるが効き目がない。このイライラはどう解消すればいいの?

再配手順もシルバ-にはわかりにくい。


53 問合せ 音声ガイダンスに 逆ギレし
 インタ-ネットの問合せ、自動音声ガイダンスは実に冷たい。「音声に従って・・」
一方通行の無情な案内に手順が分らず、途中でサジを投げ出してしまうことがしばしば。

54 LPの ジャケットのみで 曲を聴く
 当事者でないと分らないかもしれないが、難聴で最高級補聴器でも音楽番組は音程が
ズレ思うように聴けない。然し、LPジャケットを眺めていると昔聴いた曲が蘇ってくるから不思議。
そのくらいsp・LP時代はレコ-ド音楽に熱中したものだ。

by shb3539 | 2013-12-18 17:28 | シルバー川柳 | Comments(4)

朝焼け・日の出

晩秋・初冬の夕日は美しいがどこかもの哀しさが感じられる。 一方 日の出は山でも海でも勢いがあり何回見ても心が洗われる。 そのいくつか  吉良海岸の朝焼け・日の出 忘年会を兼ねて
b0236595_08114679.jpg
b0236595_18341631.jpg
 徳島県海岸 四国遍路の途中
b0236595_19103560.jpg
b0236595_18401093.jpg
b0236595_18411926.jpg
 愛知池の 朝焼け・日の出 気象条件によっては池面が真っ赤に染まる。  早起きのご褒美
b0236595_19164258.jpg
b0236595_19173254.jpg

by shb3539 | 2013-12-11 19:18 | 風景写真 | Comments(4)

シルバ-川柳 その10

川柳は課題を与えられて作るのはあまり気が進まない。
自由に感じたままを吟じていこう。
シルバ-川柳 その10  shb3539 吟

45 食事後に 錠剤並べて 思案顔
 これ血圧、これ糖尿、これ精神安定、これ・・投薬のなんと多いことよ。
どの順番に呑めばいいの?薬漬けに先が思いやられる。

46 難聴で 聞き上手になり 褒められる
 
耳が遠くなると、身を乗り出し視線を合わせてうなずき、あいずち傾聴
する。当人は必要に迫られての行動であるが、この姿勢が相手に好感をもたれる
のか真剣に聞いてくれたと感謝の言葉。

47 耳遠く 「うなずきさん」と あだ名つけ
 
 聞き返すのをためらい、どうしてもうなずき、あいずち行動が多くなる。
 そこでまたの名を「うなずきおじさん」と人は云う。

48 長電話 妻の後ろに 箒立て
 
一般に女性はおしゃべり好き時間を気にしない。携帯が普及して解消
 されたが、かっては家庭電話を独占されイライラしたものだった。

49 紅葉は トンネル抜けて 雪化粧
 
トンネルを抜けると紅葉の様子が一変、此方紅葉、彼方雪景色の変化に
 驚き、山一つでこんなに気温、気象条件が違うのか。
 

by shb3539 | 2013-12-01 19:34 | シルバー川柳 | Comments(4)

ネイチャーフォトに的をしぼりました