鶴舞公園のバラ

 鶴舞公園は開園時間に制約がない。朝一番の電車で光線のよい時間帯を狙って出かけた。
ボケを入れた構図をと思って撮ったがあまりうまくいかない。頭のボケも関係しているのか?
b0236595_20173390.jpg
b0236595_20185843.jpg
b0236595_20195347.jpg
b0236595_20202537.jpg
b0236595_20213491.jpg
b0236595_20215471.jpg
我が家の垣根ツツジ何もかまっていないが今年はきれいにさ咲いた
b0236595_20221971.jpg


by shb3539 | 2014-05-29 20:34 | Comments(0)

シャクナゲ谷

 日進写真連盟の撮影ロケで京都三室戸寺~平等院に出かけた。私も観光客の一人であるが平等院は人人の
混雑で落ち着いた雰囲気は味わえない。三室戸寺のシャクナゲ谷は見頃を迎え、前夜の雨も上がり新鮮な姿を
満喫した。シャクナゲにもいろいろな種類があるのも初めて知った。そのいくつか。
b0236595_10484749.jpg
b0236595_11245347.jpg
b0236595_11253801.jpg
b0236595_11262884.jpg
b0236595_11270571.jpg
b0236595_11273625.jpg


by shb3539 | 2014-05-23 11:36 | Comments(0)

 ヒナゲシは開花してしまえばすべて同じ容姿であるが、蕾から開花までのプロセスは
キャップのかぶり方で様々な表情を見せてくれる。スタイリストからオカメ、ヒナ人形など
連想が広がり面白い。こんな見方もあるものだ。これは一輪の経緯を追跡したものでないが
開花までにはこんな表情を辿るのであろう。
b0236595_23532175.jpgb0236595_23535585.jpgb0236595_23542941.jpgb0236595_2355062.jpgb0236595_23552792.jpgb0236595_23555584.jpgb0236595_23562738.jpgb0236595_2357349.jpgb0236595_23582022.jpgb0236595_23595749.jpgb0236595_002948.jpgb0236595_0108.jpgb0236595_013431.jpgb0236595_02921.jpgb0236595_024426.jpg
by shb3539 | 2014-05-20 00:03 | Comments(2)

愛知牧場ヒナゲシ

 ヒナゲシは少しの風でも揺れ動く、静止するまでが我慢くらべ。ある意味での修養の場でもある。
 満開のヒナゲシ畠
b0236595_15292873.jpg

 キャップをかぶったヒナゲシノの表情 帽子のかぶり方でオシャレにもユーモラスにも
表情を変える
b0236595_18592046.jpg

b0236595_190928.jpg

b0236595_1911241.jpg

b0236595_1921711.jpg

 ミツバチ集う 受粉と採蜜のバーター取引にミツバチが忙しく飛び交う。
b0236595_1995776.jpg

b0236595_19104275.jpg

b0236595_19113696.jpg

b0236595_1912502.jpg

by shb3539 | 2014-05-15 19:12 | Comments(2)

愛知池眺める~見つめる

 四季のうちで最も輝く季節、カメラの出番が多くなる。体力測定の速歩ウオーキングから眺める~見つめるウオーキングに視点を変えると見過ごしていた景色を再発見。
 8月になると鉄砲百合が白一色に群生する場所があるが最近水道管工事でその区域全部がすっかり更地、もう群落は見られないであろう、残念。
 桜・ユキヤナギが終わりツツジ満開の散策路
b0236595_10164138.jpg

b0236595_10171895.jpg

 ニセアカシア 
b0236595_1022268.jpg

思わず足を止めてじっくり観察 名前が分らないのが残念
b0236595_10201792.jpg

b0236595_1034219.jpg

 この草花の名前は?
b0236595_102834100.jpg

by shb3539 | 2014-05-11 10:28 | Comments(0)

 2年続けてアオサギ子育てを見ることができなかったが、今年は2組の抱卵が続いている。
レガッタ練習コースからも離れ中日レガッタも終了したことから安心して子育てができるであろう。
今回の巣は茂みに覆われ全容を捉えることは困難、写真の定点観察は止めにした。プロセスは前回のアオサギ子育て日記と同じであろう。静かに見守っていきたいものだ。
 巣の上を飛び交うアオサギ
b0236595_1922917.jpg

 協力しての巣作り Aペアとしよう。茂みの中で協力して営巣に取り組んでいる。
写真では巣の全容は確認できない。
b0236595_1925255.jpg

 Aペアの見張り役
b0236595_19291524.jpg

 Bペア朝のスタート Aペアの巣よりは写真が取れそう
b0236595_19325336.jpg

 見張りと巣の補修
b0236595_1936230.jpg

 ダッシュ
b0236595_19384422.jpg

 抱卵交代
b0236595_19383870.jpg

 抱卵 茂みに囲まれ安心して抱卵できそうだわずかに頭だけしか見えない。
b0236595_21472759.jpg

 鵜の集団 巣のすぐそばに鵜がたむろしている。営巣の邪魔をしなければいいが・・
b0236595_19462972.jpg

 今回は夫婦で子育て、きっとうまくいく、散策に楽しみが一つ増えた。
by shb3539 | 2014-05-04 19:52 | Comments(2)

ネイチャーフォトに的をしぼりました