紅葉愛知池一周 その2

 観音様付近
 この場所は鵜のコロニー。冬になると鵜の糞で真っ白に変身する。アオサギ子育て日記
ニューバージョン(2012.03最終ページ参照)
b0236595_744455.jpg

b0236595_7474410.jpg

 漆でしょうか真っ赤に色づく
b0236595_7501245.jpg

b0236595_7551223.jpg

b0236595_7555565.jpg

 ここからの眺めも好き
b0236595_7585250.jpg

 鴨?の集団 頭が褐色胴体は白 正式な鳥の名前をご存じなら教えてください。
 安全水域で集団で一休み 残念だがブッシュに遮られ散策路からは目で捉えることはできない。
b0236595_853138.jpg

b0236595_871439.jpg

b0236595_821564.jpg

 次回 その3に続きます。
by shb3539 | 2014-11-30 08:12 | Comments(2)

紅葉愛知池一周 その1

 予定行事が中止となり久しぶりに昼間愛知池(7.4km)を撮り歩きした。夜明け早朝と違ってかえって新鮮な気持ち。あちこち歩き回って4時間。万歩計は18,975を示している。自宅から10km以上も歩いていることになる。
 やらされることはつらく、自分の意志で行動する。楽しみの出発点ともいえよう。疲れを感じない。 曇り~小雨のぱらつき~晴れ間ものぞく なんとかと秋の空 変わりやすい天候はかえって写真に好適。愛知池をご存じの方は駐車場を起点として左回り、目についた紅葉のいくつか。
 紅葉の絨毯  落葉最後の彩り 駐車場付近
b0236595_1033434.jpg

b0236595_10342745.jpg

 里山を思わせる紅葉
b0236595_10364156.jpg

 池畔のもみじ
b0236595_10375578.jpg
b0236595_10384454.jpg

 散り急ぐ
b0236595_104019.jpg

 皇帝ダリヤ 愛知池友の会の手植えと思われる
b0236595_10431965.jpg

 観音様付近 次回に続く
by shb3539 | 2014-11-29 10:53 | Comments(6)

 寒くなってくるといろいろ理由づけしてウオーキングもさぼりがち。それでも今日の朝焼けはと期待してカメラをもって愛知池に出向く。期待外れもままあるが日の出30分前に撮影場所を選びながらのウオークは楽しいひと時である。
 日の出に合わせて水鳥もお出まし
b0236595_7282187.jpg

b0236595_729367.jpg

 早朝ボート練習 こんな雰囲気にの中で練習は気持ちがいいだろうなー
b0236595_7312941.jpg

 一瞬の輝き すぐ太陽は雲間に隠れてしまった
b0236595_7322868.jpg

 池面の輝き 朝焼けのタイミングは短い
b0236595_7342730.jpg

b0236595_735945.jpg

 何かひきつける魅力・誘引がないと出足がにぶる。
by shb3539 | 2014-11-25 07:40 | Comments(5)

近場の紅葉 五色園

 遠出して全山紅葉の絶景を眺め楽しむのも結構だが、近場で何本かの楓が秋の情緒を演出してくれる。見捨てたものでない。墓参りを兼ねて紅葉を見つめているとさまざまな想いが・・
b0236595_1315640.jpg

b0236595_132182.jpg
   
b0236595_1324771.jpg
b0236595_1341680.jpg

b0236595_1364450.jpg
b0236595_1374389.jpg
b0236595_1382682.jpg
b0236595_139620.jpg

b0236595_1310144.jpg

 今年は昨年より少し遅いようだ。
by shb3539 | 2014-11-21 13:12 | Comments(2)

シルバー川柳 その18

 自己決定したことを中断するのは後ろめたい。四国一人歩き遍路もその一つ。脚力その他を考慮してバス巡拝も利用しよう。継続が大事。川柳も頭の体操にと再開したが暗い話題ばかりが目につく。
 85 たらればで 失敗談義に 花が咲く
 ああすればよかった、これがなかったら・・失敗を他責原因になすりつけようとする。実に見苦しい。過去は問わない。これから先をどうするのかを聞きたいのだ。
86 カタカナ語 国語辞典が 手放せず 
 本来国語辞典は漢字の読解に利用したものだが最近はカタカナ語の意味解釈に利用する機会が増えた。なぜこんなことをカタカナ語にせねばならぬのか疑問しきり。言葉の乱れを助長するばかり。
 87 冷蔵庫 手料理残りが まだ鎮座

 手料理はどうしても食べ残しが多くなる。冷蔵庫を開けると食欲の湧かぬ食べ残しが「わたしをどうするつもり?」と威嚇する。残念だが廃棄処分。不本意でもスーパーの出来合いおかずに頼ってしまう。
 88 色づいて 初めて気づく 散歩道

 何気なく見過ごしていた散歩道の樹木がこんなにきれいに色づくとは。四季の贈り物に感激。
 89 市バス乗り 現金払いは 一人のみ

 市バスはシルバーお客さんが重宝している。結構なことだ。でも事の良否は別としてこうなってくると交通局の赤字は?
by shb3539 | 2014-11-13 13:19 | Comments(2)

朝のドラマ愛知池

 お天道様をコントロールすることはできないが、秋晴れは気持ちがいい。日中は風景変化に乏しい愛知池も日の出時刻あたりは光加減でいろいろな姿を見せてくれる。これも早朝ウオーキングの誘引のひとつかもしれない。
b0236595_8171651.jpg

 早朝ウオーキング
b0236595_8195537.jpg

 朝のドラマ
b0236595_8223286.jpg

b0236595_8224450.jpg

b0236595_8232998.jpg

b0236595_824333.jpg

b0236595_82648.jpg

b0236595_8265837.jpg

 関心もって見つめればススキも近場で充分観賞に値する。
by shb3539 | 2014-11-04 08:33 | Comments(6)

曽爾高原

 奈良県の曽爾高原ハイキングツアーに参加した。曽爾高原は標高800m、一面ススキで覆われた約40ヘクタールの草原。ススキの景観を期待して出かけたがあいにくの天気。視界ゼロのガスの中黙々と歩く。それでもススキは気象条件に合わせて秋を演出してくれる。
b0236595_11143873.jpg

b0236595_11152090.jpg
b0236595_1116238.jpg

 帰りがけ束の間に姿を現した兜岳を背景に
b0236595_11174784.jpg

b0236595_11183356.jpg

 ネイチャーフォトは天候にあわせて風情を楽しむものか。
by shb3539 | 2014-11-03 11:27 | Comments(1)

ネイチャーフォトに的をしぼりました