名港のワイルドフラワーガーデンに出かけた。シンボルフラワーのブルーボネットの見頃は4月下旬だそうな。その頃また訪れてみよう。
b0236595_4264329.jpg

b0236595_4272322.jpg

b0236595_428225.jpg

b0236595_4284369.jpg

b0236595_4292928.jpg

by shb3539 | 2016-06-29 04:29 | Comments(8)

近場でパチリ

梅雨空が続く中、車に乗れないと行動範囲も限りがある。近場天白川沿いでパチリ。
いずれもズームつきのコンパクトカメラ。小型軽量で散策には丁度良い。
 天白川沿いの百合
b0236595_10504692.jpg

b0236595_10514015.jpg

b0236595_10531495.jpg

 ズームにすればマクロレンズに匹敵
b0236595_10553248.jpg
b0236595_10561450.jpg

b0236595_1057495.jpg

by shb3539 | 2016-06-24 10:59 | Comments(3)

高ボッチ

 写真部会の高ボッチ~鉢伏山レンゲツツジの撮影ロケに参加した。
b0236595_4115019.jpg

b0236595_4125268.jpg

b0236595_4135255.jpg

b0236595_4151683.jpg

 辰野町 横川の蛇石
b0236595_4164815.jpg

昨年のレンゲツツジ
b0236595_23134535.jpg

b0236595_23141328.jpg

by shb3539 | 2016-06-23 04:18 | Comments(2)

 アオサギ子育て日記総集編としてワードでフォトブックに仕上げた。これを投稿しようとしたが技法がまずいのか、パソコンがボケてきたのかどうしてもアップロードできない。「パソコンに 云うこと聞けと 怒鳴りつけ」の句を思い出す。これを最終回としよう。
 6/5 出立への準備 クヌギの梢から視界を見つめる。期待と不安を抱きながら・・。人間社会の新卒社会人も同じ気持であろう。
b0236595_22454856.jpg

 6/5 役終えた巣 立つ鳥跡を濁さず というがきれいに保存。何時でも使えるようだ。
以後観察を続けるが雛の姿はない。二郎も完全に巣立ったのかもしれない。
b0236595_22494792.jpg

b0236595_22502569.jpg

 6/15 二郎の様子 今朝二郎が巣に戻っていた。一本足で立っている。どこか寂しそう。
b0236595_22532074.jpg

 首を長くして親を待っているようだ
b0236595_22545553.jpg

 とうとう座り込む 1時間ほど付きあったがママは戻ってこない。自立しても餌補給は巣で待つより仕方がないのかもしれない。完全自立にはまだ餌の補給が必要かもしれない。
b0236595_22571837.jpg

 全景 雛の数も少なくなった。
b0236595_231659.jpg

 一連の観察で放棄された巣、知子の行方不明もあった。恐らくたむろしていたカラスにやられたのかもしれない。他の巣では全員無事育ったのだろうか?グレートネイチャーで猛獣が獲物捕獲シーンを見るが、立場を変えればカエルや昆虫はアオサギが天敵となる。幸・不幸逆転するわけだ。自然の摂理ではあるが・・。金子みすず「大漁」の詩が頭をよぎる。 「 朝焼小焼だ大漁だ 大場鰯の大漁だ 濵は祭りのようだけど 海のなかでは何万の鰯のとむらいするだろう 」
フォトブックが完成した これで終章としよう。
by shb3539 | 2016-06-15 23:20 | Comments(2)

田の神祭り

 写友のお誘いで坂折棚田の田の神様提灯祭りに出かけた。田の神様に田植えを終えた報告と豊作を願う祭りだそうな。写友Oさんに感謝。
 神事 田の神様への祈祷
b0236595_1735732.jpg

  先達
b0236595_15202252.jpg

b0236595_15212100.jpg

 日が落ちて 全景
b0236595_15221141.jpg

 提灯行列
b0236595_1523342.jpg

by shb3539 | 2016-06-07 15:25 | Comments(8)

紫陽花 in 愛知池

 あちこちアジサイの報道を目にする。愛知池も年々植栽を増やして楽しましてくれる。
見頃を迎えた。
 
b0236595_21472162.jpg

 アジサイは梅雨空が似合う。
b0236595_21485578.jpg

b0236595_2150397.jpg

b0236595_2151143.jpg

b0236595_21521081.jpg

 番外 名残のツツジ
b0236595_21532068.jpg

by shb3539 | 2016-06-05 21:54 | Comments(0)

 「純野生のトキ」が 巣立ちの報道、同慶の至り。環境省の定義によれば巣立ちとは「ひなが両足で巣外に立つこと」と書いてあった。ならばアオサギはかなり前に巣立ちしたことになる。親から餌を絶ったときが真の自立巣立ちとも云うのだろうか。
 5/23 自立への準備 間もなく飛び立つ下界に向けてアオサギ団地のシンボルタワ- クヌギの梢から環境把握 太郎か愛子か定かでないが・・。
b0236595_21102161.jpg

 池の対岸の状況は・・
b0236595_21114735.jpg

 5/27 二郎は居残り 太郎、愛子は団地周辺を飛び回っているようだが二郎は巣の周辺に留まっている。どこか寂しそうな表情。太郎、愛子の姿は見かけない。
b0236595_21165239.jpg

b0236595_21172654.jpg

 他の巣では朝食が始まっている。
b0236595_21192546.jpg

 7時16分愛子が突然巣に戻ってきた。
b0236595_212116100.jpg

 7時23分遅れて太郎が戻ってきた。
b0236595_21225712.jpg

 すると7時23分、時間を同じくしてママが朝食を運んできた。時計も持たないのにこのタイミングのよさは不思議。ママの帰巣の時間をどのようにつかむのか?以心伝心とでもいうのか?
b0236595_21271389.jpg

 いつもの例の通りバトルの始まり
b0236595_21283274.jpg

 バトルが終わると食べ残しはないか残餌探し
b0236595_2130475.jpg

b0236595_21313473.jpg

 5/31 この日は太郎は時間になっても姿を見せない。完全に巣立ったのだのかもしれない。
おめでとう。今日は愛子と二郎の争奪戦。二郎も必死の形相で食らいつく
b0236595_21371781.jpg

b0236595_21375342.jpg
b0236595_21384214.jpg

 餌を与えて飛び立つママ。この間30秒足らず
b0236595_21402921.jpg

 その後かなりの時間観察を続けたが太郎の姿は見かけない。遠くに出かけて自立したのであろう。
おめでとう。 観察も終わりに近づいた。後で全体をまとめたフォトブック「アオサギ子育て日記 
第2集 2016年度版」に仕上げてみよう。これが一仕事になりそうだ。
by shb3539 | 2016-06-01 21:45 | Comments(0)

ネイチャーフォトに的をしぼりました