シルバー川柳 その24

 こうも暑いとクーラーつけて夏眠を決め込む。梅雨が明ければさらに猛暑が続くのか?愚痴っぽい川柳になった。

 113 夕食を 一人寂しく 箸重く

一人暮らしに慣れたといってもこれが現実。テレビで震災にあい独居老人の夕食シーンを見ると
心が痛む。

 114 天命で たどり着けない 墓の妻

 墓参りの度に「いつ来るのよ」と無言の圧力、趣味に生きがいもう少し余命を楽しんでからいこう。

 115 登山靴 平地を歩き 膝鍛え
 若い頃穂高~槍ヶ岳など縦走した愛用の登山靴(重さ3kg)今は平地で訓練用に役に立っている。捨てなくてよかった。

116 「やあやあ」で 次の言葉が 湧いてこず
 実に久しぶりの再会面影は残っている。話は弾むが言葉が出ない「おっしゃる意味は分かります」
赤瀬川原平氏の言を借りればボケでなく「老人力」がついたとか。ところで貴方誰だっけ。
  顔と名は 別れたあとで 想い出す
 
117 池の中 メダカに平和を 教えられ
 
 地上では天変・政治経済・テロ動乱と不安要素が充満。それにひきかえ池の中のメダカは天敵さえ気をつければ自由奔放平和な暮らし。メダカが羨ましい。

Commented by kazukagu at 2016-07-16 17:22
お気持ちをこんなにもよく表された17文字によって、毎日を大切に生活しておられる姿を思いました。
Commented by shb3539 at 2016-07-16 20:37
kazukaguさんコメントありがとうございます。川柳は吐露することによってストレスなど解消されるものですね。
Commented by あずき at 2016-07-17 22:29 x
ひらめきと文才がおありでいいですね
楽しく拝見させて頂いております。
Commented by shb3539 at 2016-07-18 05:08
あずきさんコメントありがとうございます。
被写体が見つからないので頭の体操です。
Commented by ctieko at 2016-07-20 20:55
「114」の句に亡き妻への愛情を感じました。
きっと穏やかな毎日を過ごされていたのでしょうね。
「いいのよ。ゆっくり人生を楽しんでね」と微笑まれる
奥様の声が聞こえてきそうです。
Commented by shb3539 at 2016-07-21 00:01
ctiekoさん心温まる親切なコメントありがとうございます。然し実際は???ですよ。何しろ
羊年と亥年ですから。
by shb3539 | 2016-07-16 10:07 | Comments(6)

ネイチャーフォトに的をしぼりました