冬の愛知池

 どうしたことか今年の愛知池は冬の水鳥が激減している。お目当てのミコアイサ(パンダがも
2016.2月参照)は何回訪れても一向に姿を見せない。定住を期待したシラサギコロニー(2016.11月参照)もどこかへ集団移動してしまった。ホシハジロも随分数を減らしている。
 目立つのは四季を通じて住み着いているマガモ、ますます勢力拡大の川鵜など。水鳥からは冬の季節感がうかがえない。探鳥ウオークも気が入らない。それでもリハビリを兼ねて続けることにしよう。
 冬の愛知池表情の一コマ

b0236595_13120426.jpg



b0236595_13104570.jpg

b0236595_13283462.jpg

b0236595_13090781.jpg

b0236595_13312275.jpg




Commented by toka987 at 2018-01-11 22:32
赤い実が綺麗ですね。
Commented by shb3539 at 2018-01-12 09:00
toka987さん訪問ありがとうございます。
木の名前はわかりませんが、小鳥が盛んについばんでいました。小鳥はどうもすばしこくうまい写真が撮れません。
Commented by kazukagu at 2018-01-12 18:48
牧野ヶ池でも同じように水鳥の飛来が少なく、寂しい水面です。
Commented by ctieko at 2018-01-12 18:48
今年の愛知池は冬の水鳥が激減とは~気になりますね。
赤い実はとっても鮮やかで綺麗ですね。
これはマクロ機能で写したのですか。
ご紹介頂いた「PowerShot G3 X」が昨日来ました。
とにかく使いやすく思いのほかピントも合いやすく嬉しいです。
これから使い方など教えてくださいね。
よろしくお願いいたします。
Commented by shb3539 at 2018-01-12 20:53
kazukaguさんお便りありがとうございます。
水鳥飛来の現象はこの地区全般の傾向なのでしょうかね。
Commented by shb3539 at 2018-01-12 20:55
ctiekoさんお便りありがとうございます。
木の実ズームで撮りました。
by shb3539 | 2018-01-11 13:33 | Comments(6)

ネイチャーフォトに的をしぼりました