シルバー川柳 その35

 前回の山旅回想アンデスには多くのアクセスレポート(訪問件数 455件)もあり驚き感謝、ありがとうございます。投稿継続の励みになります。

170 対座して 想い出交わす 墓参り
桜、紅葉の時期などは墓参り5分、写真1時間だったのが冬枯れのこの時期五色園は墓参りに専念。
静まりかえった霊園で寒風を共有しながら苦楽を共にした想い出を交わす幸せな時間。時間はたっぷりある。

171 無人レジ 操作分らず 悲鳴あげ
最近はスーパーにも無人レジが出現。年寄りは操作に戸惑い後ろに並ばれるとパニック状態。時代の流れか老人には困ったものだ

172 解決は とりあえずして 先延ばし
「とりあえず」は便利なセリフだ双方にあまり傷つけなく応急処置をしてしまう。問題解決の再発防止を叫びながら原因追及されるのが恐ろしいのか、根本対策は先延ばし忘れ去るのを期待する浅ましさ。

173 環境は 人の意志まで 左右する
今後の事も考えて老人ホームあちこち見学する。至れり尽くせりのサービスにとかく自立精神が安易
方向に傾きかける。マイホームにも愛着がありもうひと踏ん張り自立生活を自助努力しよう。

174 ウオークで ペースダウンに 老いを知り
 次々に追い抜かれこんなはずではないのにと思いながらも歩が進まない。年寄りのウオークは
ゆっくりペースで競争することなく背筋をピンと伸ばして歩けばいいのだ。


Commented by kazukagu at 2018-01-28 12:01
私は病によって衰えたと思っていましたが、「老い」は自分の意思を超えてやってくるものですね。如実に歩きなどに表れます。時間をかけて受け入れるしかありませんね。
Commented by shb3539 at 2018-01-28 14:48
kazukaguさんお便りありがとうございます。年々題材が湿っぽくなります。明るい話題を取り上げましょう。
by shb3539 | 2018-01-26 16:48 | シルバー川柳 | Comments(2)

ネイチャーフォトに的をしぼりました