アオサギ観察日記 4 異変

 抱卵は依然として続く。あるいはヒナが誕生しているかも?一段と緑が濃くなり覆われ雛の観察難しくなりそう。
 第1団地 異変!! 観察ターゲットにしていたアオサギがいない。
巣はむなしく放置されたまま。天敵カラス?鵜?に襲われたのか双眼鏡で確認するも卵は見当たらない。生存率の厳しさを見せつけられた。

b0236595_18262554.jpg

その他の抱卵風景 なんとなく寂しさが漂う


b0236595_13535163.jpg



第2団地 こちらの方が活気がある。アオサギ、ゴイサギ、ダイサギ
などが集う。


b0236595_18292049.jpg


ゴイサギペア 何組かのゴイサギも抱卵中。アオサギと共存している
今後ゴイサギを中心に観察していこう。新緑に覆われうまく観察できるかどうか。


b0236595_14043597.jpg



ゴイサギ幼鳥? 嘴の色から見るとゴイサギの様だが頭の白い2本の
冠羽が見当たらない。幼鳥にしては早すぎる。他のサギか?


b0236595_14064132.jpg



b0236595_14124165.jpg



ダイサギも仲間入り 賑やかになってきた


b0236595_14114211.jpg


足元見つめれば やがて旅立ち タンポポ



b0236595_14185360.jpg


 マクロ付24~600のコンパクトカメラは軽くて便利。そこそこの写真にはこれで充分。メインの機種になりそうだ。

Commented by kazukagu at 2018-04-21 09:40
いつも使っておられる24~600ミリレンズはとても魅力的ですね。私のように技術が伴わなければ、やはりそれなりのものにしかならないような考えが拭われません。
Commented by shb3539 at 2018-04-21 14:30
kazukaguさんコメントありがとうございます。
不自由な身になり写真ブログが唯一の楽しみになりました。
by shb3539 | 2018-04-20 18:49 | Comments(2)

ネイチャーフォトに的をしぼりました